color + words

home   >  color + words

April 11, 2011

できますゼッケン

色でグループをくくることで、見やすく分かりやすくなります。

例えば、サッカーや野球など集団で対戦するスポーツのユニフォームの色をチームごとに分ける事で、敵味方の区別がつきます。

複雑な鉄道などの路線図も、色による区分でわかりやすくなっています。

今回の震災において、色の役割が発揮されたデザインが生まれました。

できますゼッケン

東日本大震災の被害地支援のため、神戸市「デザイン都市・神戸」推進会議(神戸市デザイン都市推進室内)と博報堂が「できますゼッケン」を考案。インターネット上のファイル配信を始めた。

避難所で活躍するボランテアスタッフや被災された方々が自分にできることを表明するゼッケンです。




0328-3.jpg
16年前、神戸市民も大きな災害を経験されました。
長い避難生活の中で得た教訓を今後に活かすためのプロジェクト"Issue+design"から生まれたのが、「できますゼッケン」。

災害地では多くのボランティアの力で神戸は救われました。その一方、たくさんの人が関わる各避難所では様々なトラブルも起きたようです。

そこで、問題を解消するために、ボランティアの力を最大限に活用し、被災者同士の助け合い行動を生むために色別に役割が分類され、「自分ができること」の宣言を促すツールとしてデザインされました。

東日本大震災において鮮やかな色別のゼッケンは、混乱した現場で目立つでしょう。
ここでも、色は言葉とともに伝達コミニケーションツールとして活用されています。






update : Apr 11, 2011
February 24, 2011

誕生色

あなたの誕生色は何色?
世の中には誕生色を知る方法があります。
しかし、それぞれの方法によって色が違います。どれが正しいのでしょう。

いずれにせよ、色に触れながら、自分のことを見つめるきっかけ(セラピー感覚)でよいのではないかと思います。
personal_colour.png

こんなサイトがあります。
色の基準となる見本帳を販売する"PANTONE"から、色彩論と占星術を組み合わせた『誕生色占い(COLORSTROLOGY カラーストロロジー)のサイト。

月ごとに色分けされている色の中から、自分の誕生日をクリックします。
こちらは英文サイトなので、診断結果の説明も全て英文ですが・・・

PANTONEのサイトは色とデザインが美しく、見るだけでも楽しい。
トレンドカラーや色の情報が満載です。

"PANTONE"では日本語インフォメーションサイトもあります。
カラーストロロジーの結果を詳しく知りたい方は、PANTONE STORE JAPANに柴田さとみさんが翻訳された本が販売されてます。

9784167713034.jpg
誕生色でおすすめの書籍:
色とマーケティンング、色彩研究の"故野村順一先生"の著書:誕生色事典「色の秘密」366日(文春文庫PLUS)
366日の誕生色をカラーチャートとともに、その日に生まれた人の特徴が色でわかります。
相性の良い色、向いている職業、誕生色のショートストーリーなど、ポジティブに生きるためのヒントがいっぱい。


update : Feb 24, 2011
April 20, 2010

桜色

「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」 在原業平 古今和歌集 春詩/伊勢物語
(この世の中に、もしも全く桜というものががなかったならば、春を過ごす人の心は、さぞのんびりと落ち着いたものであったであろうに)

「さまざまなこと思ひ出す桜かな」 芭蕉

時代をこえて桜は日本人の心をゆり動かしてきました。
あなたは、今年の桜の風景を、どんな風に見て、どんなことを感じたのでしょうか。
そして、それは、どんな色として、心に残っていますか。

IMG_0777.JPG

さくら色.jpg〜源氏物語〈花宴〉から〜

「桜の唐(から)の騎(き)の御直衣(おんなほ し)、葡萄染(えびぞめ)の下襲(したがさね)裾(しり)いと長く引きて、皆人(みなひと)は袍(うへのきぬ)なるに、あざれたるおほきみ姿のなまねきたるにて、いつかれ入りたまへる御さま・・・・・・・・・」

(源氏20才、美貌と才能と父帝の限りない愛情をうけて怖いもの知らず。敵対する右大臣方に招かれていく。人々は改まった装いの中、彼は普段着にちょっと念を入れた桜襲でおしゃれをする)

桜襲(さくらがさね) : 表/白、裏/紅 若い人が着る色襲。唐の騎は、薄手の唐布。直衣は貴族の平常着
update : Apr 20, 2010
April 15, 2010

LED

trafficlight01.jpg

最近、我が家の電球も寿命を機に、1つずつLED電球に変わりつつあります。

身の周りの家電品(携帯電場、デジタルビデオ、大型ディスプレイなど)や街の至る所(道路標識、街路樹のネオン、自動車ランプなど)でもLEDを使用した風景を目にし、世界中の人々の生活に大きな変化をもたらしています。


蛍光体に続く、第4世代の明かりと言われるLED Light Emitting Diode : 発光ダイオード
直訳すると《光を発生する半導体"ダイオード"で電気を流すと発光する半導体の一種》です。

第1世代 : ロウソク ⇨ 第2世代 : 電球 ⇨ 第3世代 : 蛍光灯 ⇨ 第4世代 : LED?

私たちが色をみる条件にはがあります。
光は、自然光(太陽、稲光など)・人工光(蛍光灯、白熱電球など)の2種類に分類され、LEDは今世紀の新たな人工光源というわけです。

とは・・・電気と磁気のエネルギーが波となって空間を伝わっていく、電磁波の一種。
紫外線、赤外線、エックス線も、実は色の仲間なのです。

Color.gif

色として人が感じることが出来る波長領域の範囲は、約380〜700nm(ナノメートル)で、この範囲の電磁波を可視光、あるいは単にと呼びます。

光の色は《光の3原色:赤・緑・青(RGB)》を組み合わせてあらゆる色が作れます。
これを加法混色といいます。


何故、LEDなのか・・・

低消費電力、CO2の排出の驚異的削減。長寿命、低発熱、用途に応じた色温度の調節可能、電球は鉛や水銀を含まず環境に優しい、省スペースなどの特徴があります。

反面、暗い、高価など課題も多いのも事実。

見た目には白色光が得られますが、放射エネルギーのない領域があるため、モノの見え方が不自然になることもあります。一般的には品物を照らす照明ではなく、光を直接見せるディスプレイや、大型映像装置などに使われます。

IMG_0821.JPG

実は、基本的な原理は20世紀初頭に発見されており、1960年以降、光の3原色(RGB)のうち、赤LEDと緑LEDが最初に開発され、70年代に黄色LED、90年代には日本のメーカーによって青色LEDが開発されました。1996年には白色LEDが開発され、一般照明として開発が進むこととなりました。

赤と緑だけの発光ダイオードでは、黄色系の色しか表現出来ず、以前はテレビの操作ボタン、電子レンジの表示、駅の電工掲示板などは《赤・緑・橙》などの暖色系の単色が多かったのです。青色が加わることで、ピンク系やシアン系の色も表現でき、さらに白色も表現出来るようになりました。この3原色の琨合比で様々な色が出来るようになったのです。

最近、街の標識や自動車のランプなどがカラフルになってきたと思いませんか?

青色LEDの開発者は、現在はカリフォルニア大学サンタバーバラ校の教授、中村修二氏。数年前、青色LED訴訟としてテレビに出られていたことを思い出します。


先日の色彩学会の会議で、次回「光学五学会関西支部」の照明特別セミナー(2010年4月24日)について、興味深いお話を聞きました。

50年ぶりに、世界規模で演色性の表示基準が変わるということで、アメリカとヨーロッパの意見の食い違いあり。元気が出る光や、花を思いどおりの時期に咲かせる光、虫がよらない光のことなどです。

ここ数年で、LEDの特性を生かした製品がたくさん開発され、公共のディスプレイ、医療関係、工場をはじめ、私たち一般家庭の生活の中に確実に導入され始めました。

いつの時代も、科学の開発は人の生活が便利に快適になり、限りない可能性とともに、また生態に与える影響も多くの課題の中の1つとして残ります。

残念ながら、私は今回のセミナーは参加出来ませんが、是非お聞きしたかった内容です。

照明セミナーでは、LEDによる商品開発のお話や、元気になる光、晴天の光などが体感できるということです。

update : Apr 15, 2010
March 2, 2010

萌木色

100302.jpg

京都の2月、鴨川の散歩道では、鉛色の空が続き、手足がかじかむ。


冬枯れのスモーキートーンに覆われた風景にも飽きた頃、ぽつり、ぽつり、と柳の新芽が顔を出す。


春は、最初はほんとうに小さい黄緑色の点から始まる。


2月、三寒四温を繰り返し、点は確実に毎日大きくなりやがて面になる頃、暦は啓蟄(けいちつ)を迎える。










萌葱色.jpg


update : Mar 02, 2010
Page Top